♪かめいろえりりん♪ ♪かめいろえりりん♪ ~~may all your days be full of KAME~~ 「愛情」って何?

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年08月12日

■「愛情」って何?
今やばい焦ってるりさりんです、こんばんわぁ~~~・・・^^;

いやぁ~~・・・
口答試験を1週間半後に控えたわけですが・・・
実はまだ読まないといけない本が大量に残ってまして。^^;
しかも急遽フランス語の先生が一人ずつ模試をしてくれることになったんですけど、
それが明後日なんですよね。汗
フランス語の本なんてまだ半分しか読んでないのに・・・
はぁ~~、明日で全部読む・・・なんてそんな無茶もできない自分だし。苦笑
ま、どうにかなるっしょ★
と自分に言い聞かせてる自分でございます。笑

そんな最近のりさりんはですね・・・
「愛情」についてよく考えます。
「愛情」って何なのか、
どういう「愛情」が正しくて、どういうのが間違ってるのか。
どういうものが人を傷つけて、どういうものが人を優しい気持ちにさせるのか。

いくら考えたところで
正しい答えはみつからないですよね・・・
「愛情」なんて一人一人捉え方は違うわけであって、
私が感じる「愛情」は他人にはもしかするとただの「迷惑」にあたっちゃって。
世の中、そう簡単にその意味がわかるほどにはなってないです。

でもね、モーニング娘。を見てると
どことなくひとつの「愛情」が見えてくる気がするんです☆

musumeiwish.jpg

私たちが目の当たりにする娘。はいつも笑顔でいます。
ものすごく輝いてて、
今なら9人で支え合って、
みんなでひとつのステージやひとつの番組を作り上げて、
みんなで1つになって頑張ってる

そういう風にみんなで頑張るためには
きっと「お互いへの愛情」っていうものも、
そして「目指してるものへの愛情」もないと
何も成り立たないとりさりんは思うんですよね・・・☆

お互い信頼し合って、
「みんなで頑張ろう」って思って、
9人でひとつのものを目指して初めていいものができあがる

そこにはきっと数え切れないほどのいろいろな愛情がつまってるんだろうなぁ~、
って、最近いろんな映像や画像を見て感じました。★

もちろん、裏でのその愛情の形は輝いてるものばかりじゃないかもしれない。
ダンスレッスンやリハーサルでは怒ったり、注意したり、
誰かが傷ついたり、また立ち直ったり。
きっとそういうこともあるはずです。
映像で例えるならば、
小春ちゃんが加入した直後にハロモニで放送された
色じれのダンスレッスンのよっすぃーのお叱り・・・
でもそれこそ「愛のムチ」ってものじゃないですか・・・

お互いのことを大切に思ってるからこそ言えることもあって、
そういう関係でいるからこそ言わないといけないこともあって。★

そういう関係ってなんだか憧れます☆

りさりんは娘。を見てて思います。
「愛情」って
きっと「優しい形」をしたものだけじゃないんだろうな。って。
「厳しさ」や「怖さ」、
そういうものもあるからこそ本当の「愛情」が成立するわけであって、
そういう「愛情」があって初めて本当に素敵なグループができるんだろうな。って。

musumemikan1.jpg


そしてそれはモーニング娘。というグループにおけるものだけではなく、
世の中の人と人との関係にも言えることだと思います★

本当の「愛情」が何なのか、
それはりさりんにもわかりません。
でも私は私なりの形、そして意味を見つけていきたいなって、
娘。を見て心から思いました☆
そしていつか娘。内にある素敵な愛情に似たものを自分も持てたらなって願望も何気に抱いてたり・・・★ ^^

皆さんは「愛情」って何だと思いますか?
何が正しくて、何が間違ってると思いますか?
何気なく、暇なときにでも考えてみてください★ ^^
きっと、周りの人の「迷惑」に感じた行為が
「愛情」だったかもしれないってことに気づけるかもしれないですから・・・
ってかりさりんはこういう風に考えるようになってから、
いろんな人のいくつもの「愛情だったかもしれない」ものに気づけてきたので・・・^^
皆さんもぜひ1度試してみてくださいな☆
スポンサーサイト

■コメント

■Homework [かめはめは大ほ~]

私も愛情について考えてみました。りさりんさんが日記中で出題されたので(笑)
(長文注意w)

(ちょっと、りさりんさんが書かれた内容とずれてしまうのかもしれないのですけど、自分の体験に即して考えてみました。ご容赦ください)

以前、小児がんを克服した子を支援する団体のクリスマス会に御呼ばれされたことがあるんですけど、
小児がんを克服した子たちって、入院中に十分親の愛情をもらえなかったとかで、中には愛情表現の仕方が分からなくて、相手をたたいたり、意地悪なことをしたりする子がいるらしいんですね。(事前にそのNPOの方から説明を受けました)

そういう行動をとることで、相手の気を引いたり、かまってもらおうとしているのだけど、手加減を知らないから気をつけてってことみたいでした。もちろんいろいろなタイプの子がいて、おとなしい子もいるんですけどね。

それを聞いて当時思ったんですけど(そしてりさりんさんの文章を拝読して思い出したんですけど)、やっぱり人間って誰かとつながっていたいんですよね。ほんと幼い年令でもその気持ちがあるってことは、その感情って生まれながらのものなのかも。単に不器用でこの子たちはその思いを伝える手段をまだ分かっていないだけであって、そしてそれを私もいまだ分かっていないことも考えれば、根幹は同じなのかなって。

で、実際クリスマス会に伺ったらどうだったかっ、、、まさにそんな感じでした(笑) 一言で言えば「痛かった」www

例えば、とりあえず、一緒においしい料理を食べたり、ゲームしたり、走りまわって遊んだんですけど、とりあえず本気で急に蹴られましたw
バルーンを作っていたら作っていた途中のものを取られて、走って逃げるしw
案の定ジャグリング中にも、曲に合わせて行っているのに、途中で近づいてきてぶつかってきたり、ボール取って逃げたりw

だけど、その行動の本当の目的であろう根幹を考えたら、逆にうれしくなったし、頭ごなしに怒るのは違うって思える自分に対して自分も大人になったなぁって自己満足に浸ったのを覚えていますw

あと、もうちょっと書きたいんですけどいいですか??って書いてみても書く気満々で止まりませんw


このクリスマス会でやんちゃをやってきた子たちとは、最後には普通に話したりできるまで打ち解けられたんです。以下はそれまでの過程についてなんですけど、

りさりんさんは子どもたちとたくさん接っされていると思うので、分かっていただけると思うんですけど、よく言われることですけど、子どもに何かを伝えたいときって、上の立場から”偉そうに”言うのではなく、たとえば目線を子どもと同じにして話しかけたほうが耳を傾けてくれるって言われますけど、しかし現場はそう簡単ではないですよね(笑)

私はそのとき、風の谷のナウシカを思い出して耐えました(笑)
ナウシカにテト(キツネリス)がなついたあの場面(って分かっていただけます?)まさにあんな感じでした。

相手の両肩を持ちながら相手の目をしっかり見つめて、単純に痛いってことのみを伝えました。まったくお茶ら気なし。痛いってことが人間にとって辛いことだってことをできる限り耐えながら伝えました。小児がんの子ってもちろん、病院で痛みってのを大人よりも経験しているわけで、その辛さって分かりたくないくらい分かりますし。

他人の痛みって意外と気付きにくいみたいですよね。自分が痛いように他人も痛いってほんと当たり前のことなんだけど気付きにくい。だけど、痛い、辛いっていうのはその相手にとって「悲しい」ってこと、気付いてもらえるとその子も変わるのかもしれないって私はその時思いました。他人の痛み・辛さが分かるってのはもちろん大切なんだけど、それだけじゃ行動を変えるまでには至らないかもしれない。でも、悲しさって何か心を震わせるものがあるような気がするんです。他人とつながりたいからちょっかいをだす、だけど、悲しいって気持ちが互いに感じられたとき、これではつながったことにならないなって気付けるような気がするんです。悲しさのさみしさに気付いたとき、他人を傷つけないようにするにはどうしたらいいのかって考えるようになれるしそれってこの子たちの将来にもつながるって、なんか大げさに書きすぎな気もしますが、たぶん当時そう考えたと思います(もしかしたらそこまで深く考えなかったかもしれませんが、でも今回りさりんさんのおかげで今はそう考えられました)。それを信じて当時、悲しさ伝えるために耐えましたwww。今でも鮮明に思い出せます(ほんと痛かったから思い出せるのかもですが 笑)。

たとえば、極端なところでは暴走族とか非行とか、小さいところでは反抗期とか、世間への反抗とか親への反抗とか、周りがすべて迷惑に感じてしまう時期ってどうしてもあるのかもな~って思うのですけど(自分もしかり)、だけど、世間とつながっていたいとか、親とつながっていたいってのがどんな人間にも根幹には残っているのかなって思いたいです。

他人の痛みに鈍感になっている状態は、よいこととは思えないんですけど、そういった反抗から卒業するときって、小さな仲間はできたけれど、このままだと世間とは一生つながりを持てないのかもって心のどこかでさみしさに気付くときって言いかえることもできるのかなって思います。自分が反抗していた時期にも見捨てずに見守ってくれた存在のありがたさにいつか気づくのかもしれないですね。あるいは、もしかしたら新たにみつかったパートナーあるいは産まれてきた自分の子どもの登場が、そういったつながりのかけがえのなさ、相手の痛み、そういったものを気付かせてくれるのかもしれませんよね。

他人の痛みに気付けるかどうかって、ほんと微妙な問題で、大人になるとまた鈍感になったりで、ほんと難しいですよね。私自身も気づかないところで誰かを傷つけてしまっているのかもしれないし。でも、100%それを避けるのって人と人とがかかわる場では至難の業っていうか避けられないってのも大人になると感じますよね。できる限り他の人の立場で考えることは重要かもしれませんけど、人間そんな器用にできていないってのも思ってしまうし、、、

人間ってのは不完全だから他の人とつながっていたいのかもしれないですね。
孤独こそ恐怖であり、生まれながらに人とつながっていたいっていう気持ちは人にはそれぞれあるけれど、人間って器用にできてないから人とかかわると痛みが生じることもある、だけど人とはかかわりたい、つながっていたいから。

いろいろ考えてみましたが、結論としては、上の文の最後のところかもしれません。
愛情って「人とつながっていたい」っていう当たり前の感情のことなのかもしれないです。人間だれもが持っているはずの感情のことなのかもしれないです。そんな風に思いましたし思いたいなって。


孤独が怖いってのですぐに都会の孤独(リゾナントブルー)を思い出すってのは娘。ヲタの常識ですよねw あとは、歩いてる、ひとりじゃないから、みんながいるから♪

あと、最近オリンピックの入賞者のコメントで私はたびたび感動しているんですけど、がんばる原動力って「他の人のために」っていうのがほんとあるんだなってところ改めて感じています。そして、それがメダルの原動力になっているってのは素人ながら感じ取れました。

人間って小さい頃は他の人のために何かをするって、ちょっと理解しにくいかもしれないですね、私はそうでしたし、今もまだ半分も理解できていないですけど。いろいろ経験していくうちに他人のためにがんばることの大切さと温かさに気付けるのかなって考えさせられています。もちろん、すべての人に温かくっていうのは理想ですけど、それって不器用な自分にはちょっと目標が高すぎるってのもあり、まずはほんといちばん身近な存在から感謝していくってことで始めるのが身の丈に合っているかもなって思っています。世間に対しては優しいけど(貧困研究者)、研究室の学生はかえりみない、そんな研究者の存在を私は知っています・・・ 笑 まずは同じ屋根の下の人を幸せにし、そして隣人にきちんと挨拶をする。それさえも満足にできない人がたとえばアフリカの貧困を嘆いて周りの人に何らかの活動を起こそうって訴えたとしても説得力ないですからね。これって結構昔、衝撃受けた考え方なんですけど思い出しました。といっても、身近な人を幸せにするっていうのも私はできているかと考えると、だめかもな~って思っちゃうんですけどね、まずは思うことからですよねっ

関連して、石田純一さんが以前言っていたのですけど(この人の行動はいろいろと理解できないことが多いのですが、www最近見直してきました)、「自分のためにがんばるのって案外難しいよ、他の人のためにがんばってみて」っていうのをある人へのアドバイスとして話していたのを思い出しました。これってちょっと一見分かりにくいんですけど、よ~く考えてみたら、深いっ。

で、ちょっと脱線してしまったのですが、最後に話をどこに持っていくのかというと、
えりりんって、コミュニケーション能力が半端ないのかもってことです。

たとえば、ある意味コミュニケーションが苦手なほう(不器用)って私は思うミキティーが時々娘。内で作っちゃう微妙な空気、あったと思うんです。これをやわらかく改善させられたのってえりりんくらいだったのではないかなと。少なくとも映像で見る限りでは。もちろんよっしーも別の意味でそうでしたけど。えりりんは、ほんと人と人とのつながりを大切にする温かい空気を醸し出すから、そういったことに不器用なミキティもその根本のところに気付けて取り込まれちゃうんだと思うんですよ。
このあたり、もっともっとえりりんから勉強させてもらいたいなって私は思っています。PPPの偉大さもそのうちの一つなんですwwwPPPはほんと周りをなごませるwww

って、私は偉そうに何を書いているのでしょう。でも、こういう考える機会って人生に必要ですよね。自分の考えを整理する機会をりさりんさんが与えてくれてほんとうに感謝しています。
なんかいろいろ書いてすみません。考え違いとか思い込みとか多々あるかもしれませんが、どうかご容赦ください、考えて頭を整理させることに意義があるっ、、、
自分のいまやっている研究(環境問題なんですけどね)にも結構関係しているので、結構のめりこんで考えてしまいました。

こんなに大量の文章を書いて厚かましくないかなって思いつつコメント書いています。できる限り空気をつかむようにしなくてはっ。口述試験前なのにPPPなかめはめは大ほ~でした。

■ [りさりん]

>>かめはめは大ほ~さん

ものすごく貴重なコメント、ありがとうございます!!☆
最初長文を見たときは一瞬びっくりしましたが、
でも本当に心から嬉しかったです^^

かめはめは大ほ~さんは
「自分の考えを整理する機会をりさりんさんが与えてくれてほんとうに感謝しています。 」
なんて書いてくださってますが、
私は逆にかめはめは大ほ~さんに感謝したいです。
まず、自分が自己満で書いた内容についてここまで考えていただけたこと☆
そしてその考えを通して、りさりんにも改めて考え直す機会をくださったこと☆
本当にありがとうございます。m(__)m


さて、かめはめは大ほ~さんが書いてくださった内容についてですが・・・
なんだかものすごく理解できた気がします。

確かに愛情っていうものは
「人とつながっていたい」ってことなのかもしれませんね。
人とつながっていたいがために人に優しくしたり、
つながっていたいがために厳しくしたり。
「1人で生きていく」なんてことはどこの人間にもできないことですし、
だからこそ仲間と一緒に生きていく要素を探すんでしょうね、人間って。
そこでいろんな愛情が生まれ、いろんな絆ができ、
人と人との関係が成り立つ☆
そういうものなのかなぁ・・・って、かめはめは大ほ~さんのコメントを読んでそう思いました☆

「愛情表現」っていうものにはいろんな形がありますが、
その中でも結局は全ての表現がその「つながっていたい」っていうひとつの目的に向かっていってるのかもしれませんね。
素敵なことだと思いますし、
どことなく、人が生きる意味でもあるのかなぁ・・・なんて思ったりもしました。

そして「悲しみ」を通して本当のことを伝えたとも書いてらっしゃいますね・・・
これは私も同意見です☆
私が思うに、他人に「痛い」だの「辛い」だの言われても理解できるそういう世の中ではありません。
少しばかり共感できたりはあったとしても、本当に理解できるってことはまずないと思いますし、
心の中のことなんて他人にはわかりっこないですよね・・・
相手が子供ならなおさらです。
相手にとっては痛くないことが私には痛いかもしれない。
その時点でもう相手には伝わらない。
でも「悲しみ」っていうもんは、みんな感じ方が違ったりしたとしても
「いやなことだ」って思うのは一緒ですもんね。
誰かが悲しんでいるということは深く傷ついてるということになり、
それは小さな子供でも理解できるものだとりさりんは思います。
誰よりも純粋な心を持っている子供たちだからこそ、
「悲しみ」という感情にもっともっと反応できるのかもしれませんね・・・。
それはきっと素敵な愛情をうみだすためにも、
そして彼らが立派に成長するためにも絶対に必要なことなんじゃないかなぁ・・・。

とりあえず、「愛情」っていうものは人と人とを繋げる要素ですから、
だからこそ「人と繋がりたい」って思うことでもあるのかもしれませんね^^
そしてそれは優しい形でも、厳しい形でもきっと同じなんだろうなぁって、なんだかそう思います☆

愛情自体もいろんな形をしていますが、
きっと「人に尽くす」ということもそのうちのひとつですよね・・・
このコメントを通してそう感じることができました☆
「他人のために」何かをすることによって、
それは自分への愛情でもあり、その相手への愛情でもあるとりさりんは思います。
人に尽くすってことは相手を幸せにしてあげられること☆
そしてそういう風にできたところで自分のもとへも絶対に幸せはやってくるじゃないですか・・・
やっぱり、つながりがうまれたからこそですよね☆
他人のために頑張るって確かにすごく難しいことだし、
ちょっとずつ習っていかないとできないことでもあると思います。
それがどういうことなのか、ちゃんと理解できるまではきっと何十年もかかるだろうし・・・
でもちょっとずつためしていくことによって
自分の中にあるひとつの愛情を育むこともできるのでしょうね・・・^^
これからはもっともっと人のために頑張ってみようって、なんだかそう思えました☆

えりりんに関しては・・・
まさにその通りですよね^^
彼女は心理テストでも発覚したように「平和主義」らしいじゃないですか・・・☆
だからこそいろんなところで正しい愛情をふるまって、
そして世の中を、娘。内を温かい雰囲気にしていけるんでしょうね・・・☆
そういう彼女って本当に素敵だと思うし、
どこまでも憧れちゃいます★
彼女のすごいところはそれを無意識のうちにやっちゃってるとこですよね・・・^^
気づかぬうちにそういう愛情をいぃっぱい持っていて、
それを周りの人にも、見ている人にも伝えることができる☆
こんなに素晴らしいこと、そこらの人にはできないことですよね・・・^^
ホント、えりりんを見習わなきゃいけない部分はいぃ~~っぱいあります!^^
彼女みたいに心からの愛情を無意識のうちにあらわにできる人間に私もなりたいです・・・☆ ^^


またいつでもこうやってコメント書いてってくださいね★ ^^
他の方の意見を読んだりするのって本当に自分のためにもなるので・・・^^
いつも本当にありがとうございます!

■お礼 [かめはめは大ほ~]

りさりんさん

あれだけの長文、読んでいただくだけでも大変でしたでしょうに、さらに丁寧なお返事までいただいてしまって、申し訳ないやら、うれしいやら、、とにかく、お礼だけまずはお伝させてください。貴重な時間を割いていただくことになって恐縮です。

二点だけ、さらに書いていいですか??(って言って書くんですけどね 笑) このコメントに対してコメントいただかなくても全然かまいませんので。お礼の意味で書いています。

まず、愛情はいろんな形をしていて、優しい形でも厳しい形でも存在するって、ほんとそうですよね。
ただし、優しい形であれ、厳しい形であれ、その中に本当に愛情があるかどうか、その見極めは必要だし、その識別ってほんと難しいっていうのもありますよね。

優しい顔した悪魔や、怖い顔をした天使もいるってことです。

前者については、考えるのもいやですし、触れたくもないので触れませんが、後者については我々はその存在をきちんと意識しておいたほうがいいかもしれないですよね。

後者の人についてはその見極めってほんと難しいと思います。ただ単に傲慢に自分の主張を振りかざす人なのか、それとも相手の存在を尊重したうえで(つまりあいてとの”つながり”を大切に思ったうえで)あえて厳しく接する人なのか、その見極め。

たとえば、今野球全日本を指揮している星野監督は後者の素晴らしい例だと思います。厳しさの奥に見える温かさが選手を奮い立たせていると思います。単に厳しいだけじゃ選手はついていきませんよね。

もう一つの考えたほうがよいこととして、子ども(大人でもそうですけど)に接するときって単に優しいだけだとなめられてしまったりするってものありますよね。優しさと厳しさのバランスって大切かもしれないですね。

おっと、また癖で長くなりそうなので、二つ目にいきますね。

りさりんさんのコメントに「人に尽くす」ということも愛情の一つってありました。それでいうと、、、すでにりさりんさんは実践されていますよね。このかめいろえりりん!日々の文章、えりりんへの愛情にあふれていると思います。

愛情でつながりが生まれるんですよね。
えりりん、このかめいろえりりん、どこかで見ててくれているといいですね。私はそう信じます。

「人に尽くすってことは相手を幸せにしてあげられること☆
そしてそういう風にできたところで自分のもとへも絶対に幸せはやってくるじゃないですか・・・
やっぱり、つながりがうまれたからこそですよね☆ 」

そう、りさりんさんのところに、幸せは帰ってきますっ!!!きっと。

ネットってすごいですよね、スイスと日本がつながっちゃっている。りさりんさんの思いがえりりんに届くようにこれからも応援しています。

愛情が人と人を繋ぐのですからね♪

なんか、書いてて恥ずかしくなる文章ですけど、実際そうなんだと思うので書かせていただきました。それでは、またっ!!

■ [りさりん]

>>かめはめは大ほ~さん

 レスはいらないと書いてくれてますが・・・
 コメントをほっとけるような人間じゃないし、
 ってか何よりホントここまで真剣に自分の書いた記事の内容について考えていただけたことが嬉しいので
 短くですがレスさせていただきますね^^

 優しい顔をした悪魔、怖い顔をした天使。

 世の中、そういう風になってる人間はたくさんいるはずですよね・・・
 確かに意識するのはとても大切なことだと思います★ 
 この2つの種の人間を区別できたところで人間ってもう1つ成長できるのかもしれませんね^^
 怖い顔をした天使・・・
 こういう方って、きっと後から「あの人のおかげだったなぁ・・・」なんて思える人なんじゃないかなってりさりんは思います。
 そのときは怖いだけかもしれない。ムカつくだけかもしれないし、もうどっか行け!って思うかもしれない。
 でも後々自分のためになったことを言ってくれたり、してくれたりした人ってこういうタイプの人が多いですよね・・・^^
 りさりんもこれからはもうちょっとちゃんと意識していこうと今回思いました☆

 コメントの後半ですが・・・
 なんだかものすごく照れます。★ 笑
 でも・・・素直にお礼を言わせてください・・・
 本当にありがとうございます!☆

 ちゃんと愛情がえりりんに届いているのか、
 皆さんに伝わっているのかって自分ではなかなかわからないものなんですが・・・
 でもとりあえず「伝えていこう!」って一心でこれからもいろんなことを書いていきたいと思ってます☆
 そしてもちろん、それがえりりんに伝わってればそれ以上に嬉しいことはありませんし、そうあってほしいです^^
 でもその愛情で少しでもここを読んでくださってる方のことも幸せにできたらそれもものすごく幸せなことだと思いますし・・・
 そういうこともこれからは心がけていこうかと・・・^^
 ホント、愛情でいろぉ~~んな人を繋げていきたいですね★ ^^

 これからもこんなりさりんですが、
 ♪かめいろえりりん♪、そして管理人をどうぞよろしくお願いします☆ ^^

■お礼3 [かめはめは大ほ~]

りさりんさん

最後にもう一つだけ書かせてください。どうしてもひとつ書き忘れた気がしまして。(なんか、コメントを私は書きすぎな気がしてきました。わたしは暇人って思われそうで心配ですが、私も睡眠4時間くらいで最近踏ん張ってますので 笑、そしてほんとこのコメントには返信してくださらなくても結構です♪)

「 ちゃんと愛情がえりりんに届いているのか、
 皆さんに伝わっているのかって自分ではなかなかわからないものなんですが・・・
 でもとりあえず「伝えていこう!」って一心でこれからもいろんなことを書いていきたいと思ってます☆ 」

そう、まずは思うことからですよね。相手を信じて。そして、自分に自信がなくなっても、自分に再び自信を復活させて。
大丈夫です、少なくとも私にはびしばし伝わってますよ~~
りさりんさんの持っている優しさというか温かさ、そしてもちろん葛藤も。そしてえりりんへの気持ちが。そして、このページを見ている方々にも、きっと。

相手の友達を見れば、その相手がどのような性格なのかがつかめる(類は友を呼ぶ)から、交友関係に注目すると相手のことが理解できるって考え方ありますが、りさりんさんのところに集まってきている方々のコメントを拝読したんですけど、ほんと素晴らしい方が集まっているな~って思いました。
それはりさりんさんの分身でもあるといえちゃうわけで。
朱に交わるものは・・・と。

「同じ屋根の下の人をまずは幸せにして・・・」って書かせていただきましたが、肩ひじ張らずにまずは自分のできる範囲とつながっていけばいいんですよね。ネットって相手が不特定多数なので怖いですけど、大丈夫、類は友を呼んで、美しい文章には美しい考えの人が集まりますよきっと。そして、私たちでえりりんに思いを一緒に伝えていけば百人力ってことになるかもしれないですよね。

これでりさりんさんへの応援のメッセージになっているのか、自分でも不安ですが、とにかく、言いたいことは、

ま、ご、こ、ろ、は、と、ど、く、よ、♪、じ、か、ん、は、か、か、る、け、ど、♪、ともだちこいびとどうりょうおとくいさまやしょせんぱい~♪そして、♪え、り、り、ん♪~~(直観2より)

なんか、最近私はくさいことばかり書いていますが、今はなぜかそういう気分なので、ご容赦ください 笑 きまぐれなんですよ、残念ながら私は 笑

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< 意味を与えるのは自分自身☆ | Blog TOP | 東京めぐり☆ >>

プロフィール

りさりん

Author:りさりん
誕生日:1989年9月12日
国籍:日本&スイス
性別:♀
ファン歴:2007年4月頃より
推しメン:もっちろん、亀井絵里ちゃんッ☆

スイスに住んでる一応大学生です♪w
まだファン歴は短いけど、スイス1のえりりんのファンである自信はあります。笑
まだまだ未熟ですが、どうぞよろしくお願いしまぁ~す。                                                   
ちなみにこのブログのバナーです☆                                  
他のはABOUTにて☆
♪かめいろえりりん♪
*******************
♪かめいろえりりん♪

*******************

*******************

(↑鶴陸さん作☆ ^^)

賛同企画

    亀井絵里 卒業メッセージ企画
    亀井絵里 卒業メッセージ企画
    亀井絵里ちゃんに卒業メッセージを送ろう!
    亀井絵里ちゃんに卒業メッセージを送ろう!
    モーニング娘。亀井絵里・ジュンジュン・リンリン卒業企画
    モーニング娘。亀井絵里・ジュンジュン・リンリン卒業企画

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2ブログランキング☆

ぽちっとワンクリック、お願いしまぁ~す♪

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。